unicraft 株式会社ユニクラフト
 
初めてのお客様へ
    
高品質!業界最安!
納期遵守率 99.7%    
お支払い・発送
お問い合わせ
1万円プリント基板作成サービス
アルミ基板製造部品実装サービス基板設計ユニバーサル基板通信販売よくあるご質問お見積もり・発注
自動見積もり
 
プリント基板ご注文方法
 
   会員様メニュー
メールアドレス
パスワード
メールアドレスを保持する

[パスワードをお忘れのお客様]
 

 
再注文(要ログイン)

 
   プリント基板製造
プリント基板製造 超特急プリント基板製造 フレキシブル基板製造 アルミ基板製造 プリント基板お見積もり・ご発注 デザインルール・製造仕様書 品質と価格について  
   部品実装
部品実装 メタルマスク製造  
   プリント基板設計
プリント基板設計 らくらくプリント板(手描き図面)  
   基板製造お助け情報
CAD別ガーバーデータ出力手順 CADLUS X/ Z/ PCB でのP板製造 PCBEを使ったプリント基板設計 DXFファイルでのP板製造 ユニバーサル基板の増産 プリント基板設計のよくある失敗事例 プリント基板の知恵袋(記事集) プリント基板用語集  
   その他サービス
基板で作った名刺「基板の名刺」 ユニバーサル基板通信販売 シーケンサー販売 アクリル板レーザーカット  
   メニュー一覧
初めてのお客様へ お支払い・発送について よくあるご質問とその答え お問い合わせ 営業日カレンダー 保証規定・免責事項 会社情報 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー ポイントサービス  
 
ビジネスパートナー募集
 


Altium(アルティウム) ガーバーデータ出力手順



 
 

Step 1

ガーバーデータの出力を行います。
画面上のメニュー File → Fabrication Outputs → Gerber Files をクリックします。
Gerber Setupメニューが表示されます。
まずは、General タブで出力の設定を行います。



単位はインチとミリメートルから選択します。(どちらでも製造可能です)
Formatは出力する座標の精度に影響を及ぼしますので、基板の設計に応じて適切なものを選択します。
左の数字は整数部の桁数、右の数字は小数部の桁数です。
小数部の桁数が大きいほど精度が高くなります。
例えば、CAD上で(23.333333, 22.222222)という座標にランドを置いた場合、Format 2:2 では(23.33, 22.22)という座標に丸め込まれるのに対して、Format 2:4 では(23.3333, 22.2222)という座標になります。
サイズの小さい基板では、より高精度なオプションを選んでおけば良いでしょう。
サイズの大きい基板(または最大座標が大きい基板)では、選択できるオプションが限られることがありますので、設計内容から適切なオプションを選択してください。
なお、設計を始める前に、本設定の内容を決めておき、それに合わせて設計することをお勧めいたします。(全ての座標を0.01mmグリッド上に置く、など)

 
 

Step 2

次に Layers タブで出力するファイル(レイヤー)を選択します。



出力するデータの“Plot”にチェックを入れます。
基板製造には、各層のパターンデータ(GTL, GBL等)、レジストデータ(GTS, GBS)、シルクデータ(GTO, GBO)、外形・Vカット・スリット等のメカニカルデータ(GM1, GM4, GKO等)が必要です。
Pad Master(GPT, GPB)や寸法を記載したレイヤーは不要です。
また、メタルマスク製造を行わない場合は、Pasteデータ(GTP, GBP)も不要です。

 
 

Step 3

ドリルマップは製造に使用しませんので Drill Drawing タブの設定は不要です。
(ファイル出力しません)

 
 

Step 4

次に Apertures タブでアパーチャ情報の設定を行います。



Embedded apertures (RS274X) にチェックを入れます。

 
 

Step 5

次に ドリルデータの出力を行います。
Altiumの場合、ドリルデータはガーバー形式ではなく、NC形式での出力となります。

画面上のメニュー File → Fabrication Outputs → NC Drill Files をクリックします。



ガーバーデータとのズレを無くすため、Step 1と同じ内容で設定します。
スルーホール・ノンスルーホールはランドの有無から自動的に決まりますので、Generate separate NC Drill files for plated & non-plated holes はチェックを外してください。
ユニクラフトではアスキー形式のドリルデータで製造を承っておりますので、Generate EIA Binary Drill File (.DRL) はチェックを外してください。
OKボタンをクリックすると、ドリルデータ(.TXTファイル)が出力されます。

 
 

Step 6

ユニクラフトでプリント基板をご注文の際は、出力されたガーバーデータ・ドリルデータをZIPファイルに圧縮して、以下のフォームよりご送信ください。
なお、当社指定のファイル名に変更していただくか、ファイルリストを添付していただく必要があります。 [詳細]
自動お見積もり


 
 

Copyright (C) 2020 unicraft Corporation all rights reserved.