unicraft 株式会社ユニクラフト
 
初めてのお客様へ
    電話番号
高品質!業界最安!
納期遵守率 99.7%    
お支払い・発送
お問い合わせ
1万円プリント基板作成サービス
部品実装サービス基板設計樹脂板加工ユニバーサル基板通信販売よくあるご質問
自動見積もり
 
プリント基板ご注文方法
 
   会員様メニュー
メールアドレス
パスワード
メールアドレスを保持する

[パスワードをお忘れのお客様]
 

 

 
   プリント基板製造
プリント基板製造サービス プリント基板お見積もり プリント基板ご発注 デザインルール・製造仕様書 CADLUS X/ Z/ PCB でのP板製造 DXFファイルでのP板製造 メタルマスク製造 プリント基板設計のよくある失敗事例 プリント基板用語集 PCBEを使ったプリント基板設計 プリント基板無料キャンペーン ユニバーサル基板の増産  
   部品実装
部品実装 プリント基板お見積もり  
   プリント基板設計
プリント基板設計 らくらくプリント板(手描き図面) プリント基板お見積もり  
   樹脂板加工
アクリル板レーザーカット アクリル板加工お見積もり アクリル板無料キャンペーン 電子基板用 簡易ケース  
   メニュー一覧
基板で作った名刺「基板の名刺」 ユニバーサル基板通信販売 電子回路・電子機器 検品代行 初めてのお客様へ お支払い・発送について よくあるご質問とその答え お問い合わせ 営業日カレンダー 保証規定・免責事項 ポイントサービス 会社情報 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー  
 
ビジネスパートナー募集
 



 
 
リフロー機械実装をご利用の際の注意点

 
 
 必要なデータについて
 
座標データ
 基本的に弊社のフォーマットをお使いください。
 [座標データ フォーマットダウンロード] 右クリック→名前を付けて保存

 各部品のロケーション、部品名、X座標、Y座標、実装角度、実装面を入力します。
  ロケーション…プリント基板上にシルク印刷で印字された部品番号を記載します。(例:IC001, R123など)
  部品名 …メーカー型式など、ご支給いただく部品リール等に印字のある部品名を記載します。
  X,Y座標 …基板左下の角を原点(X=0, Y=0)として、上をYの正方向、右をXの正方向とした座標を記載します。
        基本的にCADソフトから出力された値で結構です。
       

  実装角度 …部品実装する角度を記載します。
        基本的にCADソフトから出力された値で結構です。
  実装面 …部品実装する面を記載します。
        C面=部品面(Component面)
        S面=半田面(Solder面)

 同一基板を複数面付けされる場合は、代表1基板分のデータを入力し、他の面付け基板とのオフセット値を「ブロックデータ」に記載します。

部品表
 上記「座標データ」のフォーマットにご記入ください。
 マクロを実行できるExcelをお使いの場合は、座標データから自動作成できます。

部品配置図
 フォーマットは自由ですが、ダイオードのカソード表示、IC/コネクタの1ピンなど、部品の極性や角度が分かる図面としてください。
 <図面例>
 
 
メタルマスクデータ
 メタルマスクの製造もご依頼いただく場合は、メタルマスクデータを送付ください。
 データは、プリント基板製造同様に拡張ガーバーデータ(RS-274X)形式としてください。
 
 
 
 
 プリント基板の仕様について
 
基板サイズ
 ・最小基板サイズ: 50mm(X) × 50mm(Y)
 ・最大基板サイズ: 330mm(X) × 250mm(Y)
 ・基板厚さ: 0.4mm〜3.0mm
 最小サイズに満たない場合は、Vカット等により捨て基板を追加するか、基板サイズを拡張してください。
 その他条件を満足しない場合は事前にご相談ください。

捨て基板
 原則として、長手方向に10mm幅の捨て基板を付けてください。
 

 捨て基板の作成が困難な場合は、長手方向の基板端から6mmの範囲をチップ部品配置禁止としてください。
 (片面実装時は4mmの範囲をチップ部品配置禁止)
 

認識マーク
 以下の2点に認識マークを配置します。認識マークは銅箔パターンでΦ1mmの正円とします。
 ・基板原点(左下)から X=10mm, Y=5mm の位置
 ・基板原点の対角位置(右上)から X=-20mm, Y=-5mm の位置
 


 認識マークの周囲Φ3mmには、銅箔、レジスト、シルク印刷、Vカット等、認識マーク検出の妨げになるものを配置しないでください。
 どうしても必要な場合は、認識マークを別の位置に移動してください。
 


 認識マーク寸法の精度を高めるため、認識マークからΦ3mm以上離れた周囲に銅箔パターンで囲っていただくことを推奨します。
 
 
 
 
 機械実装できる部品について
 
@最小サイズ:0603サイズ(0402サイズも対応していますが、特注ノズルが必要になるため事前にご相談ください)
A最大サイズ:□45mm
B最大部品高さ:15mm
C支給形態:リールに巻かれた状態、またはトレー、スティック(リールの場合、50mm以上の遊びが必要)
 
   遊びがない場合は先端から50mmの範囲にある部品が破棄されますので、余裕を持った数量をご支給ください。

@〜Bのサイズに適合しない部品、Cに適合しない(数量に余裕がない)リール部品、リール・トレー以外の部品(バラ部品など)、挿入部品(DIP部品)は手載せまたは手付け実装となります。
また、リールカット品も機械実装できませんので、手載せまたは手付け実装となります。
 
 
 
 メタルマスクについて(メタルマスクをご支給いただく場合)
 
弊社の実装サービスでご利用いただけるメタルマスクは以下の仕様を満足するものです。
お手持ちのメタルマスクが仕様に適合しているか事前にご確認ください。
・サイズ:650mm(X) × 550mm(Y) × 30mm(枠厚)
・メタルマスク外形から150mmの位置に基板端が一致
・X方向はメタルマスク中央に基板が配置
・基板長手方向がX方向
 
 
 
 
 温度プロファイルについて
 
以下の温度プロファイルにて実装いたします。
 

温度プロファイルをご指定の場合は、追加料金(13,000円)にて承ります。
また、温度プロファイル測定用に予備基板1枚が必要になります。


Copyright (C) 2017 unicraft Corporation all rights reserved.