unicraft 株式会社ユニクラフト
 
初めてのお客様へ
    
高品質!業界最安!
納期遵守率 99.7%    
お支払い・発送
お問い合わせ
1万円プリント基板作成サービス
アルミ基板製造部品実装サービス基板設計ユニバーサル基板通信販売よくあるご質問お見積もり・発注
自動見積もり
 
プリント基板ご注文方法
 
   会員様メニュー
メールアドレス
パスワード
メールアドレスを保持する

[パスワードをお忘れのお客様]
 

 
再注文(要ログイン)

 
   プリント基板製造
プリント基板製造 超特急プリント基板製造 フレキシブル基板製造 アルミ基板製造 プリント基板お見積もり・ご発注 デザインルール・製造仕様書 品質と価格について  
   部品実装
部品実装 メタルマスク製造  
   プリント基板設計
プリント基板設計 らくらくプリント板(手描き図面)  
   基板製造お助け情報
CAD別ガーバーデータ出力手順 CADLUS X/ Z/ PCB でのP板製造 PCBEを使ったプリント基板設計 DXFファイルでのP板製造 ユニバーサル基板の増産 プリント基板設計のよくある失敗事例 プリント基板の知恵袋(記事集) プリント基板用語集  
   その他サービス
基板で作った名刺「基板の名刺」 ユニバーサル基板通信販売 シーケンサー販売 アクリル板レーザーカット  
   メニュー一覧
初めてのお客様へ お支払い・発送について よくあるご質問とその答え お問い合わせ 営業日カレンダー 保証規定・免責事項 会社情報 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー ポイントサービス  
 
ビジネスパートナー募集
 


ランド表面処理のお話



 
 

ランド表面処理とは

ランド・パッド(部品の端子部分)ははんだとの馴染みをよくするために、表面処理を施します。
銅箔にそのままはんだ付けすることもできますが、銅はすぐに酸化してしまい、酸化した表面ははんだを弾きやすくなります。
基板製造時に予め表面処理をしておくことで、はんだ付けをスムーズに行うことができます。

 
 

ランド表面処理の種類

ランド表面処理にはいくつかの種類があり、実装方法やコストから選択します。

■HASL(有鉛半田レベラー)

鉛入りはんだ処理です。
半田ごてで実装する場合など、一般的に使われている処理方法です。
表面の凹凸が比較的大きいため、自動実装には不向きです。(特にBGAには不向き)
また、スルーホールの穴径はレベラー処理される分小さくなりますので注意が必要です。
小さい穴ははんだで埋まってしまうことがあります。
穴径公差が厳しい場合や、小さいサイズの部品穴がある場合は、ENIGまたは水溶性プリフラックスをご選択ください。


■Lead Free HASL(無鉛半田レベラー)

基本的に上記のHASLと同じですが、使用するはんだが鉛フリー対応です。
鉛フリーはんだは鉛入りに比べて融点が高く、若干はんだ付けの難易度が上がります。


■水溶性プリフラックス

銅箔の上に防錆用の水溶性プリフラックスを塗布します。
水溶性プリフラックスは無色透明なので見た目は銅箔がむき出しになっているように見えます。
表面の凹凸が小さく自動実装に向きますが、長期保存できません。


■ENIG(無電解ニッケル/置換金メッキ)

表面を無電解金メッキ処理し、酸化を防止しています。
表面の凹凸が小さく、表面実装やハンダ量の調整が必要な自動実装などに向きます。
金メッキのため上記の処理方法に比べて高価です。


■電解金メッキ

機械的強度があるため、カードエッジコネクタとして使う場合などに適します。
基本的に基板端に近い端子にしか処理できません。
(その他の端子はENIGなどを適用します)
費用はENIGより高価です。

 
 

基板データでの指示方法

表面処理を施す箇所をガーバーデータで個別に指示する必要はありません。
銅箔がむき出しになる箇所(=銅箔があって且つレジストが塗られない部分)に全て表面処理されます。
※電解金メッキは適用する端子を図面等で指示する必要があります。

 
 

プリント基板の製造について

ユニクラフトではプリント基板の製造サービスを提供しております。
プリント基板製造のお見積もり・ご発注はこちらから
自動お見積もり


Copyright (C) 2020 unicraft Corporation all rights reserved.